2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

らんかんちゅ check 正しい服装

今日はきちんと五時半に起床しました。


学校という集団生活の場では身だしなみも大事。
男性教師はアイロンの効いたシャツとスラックス。
女性教員はサリー。
生徒は上下白の制服(国指定)。

むしろランカでは日本以上に身だしなみに気を付かう。
衣服はびしっとアイロンがかかり、靴は磨かれているのが常識。
その点ヒロノリの服装はあんまりよろしくはない・・・たまに怒られる。


そして先日、その厳しさをまざまざと目の当たりにした。
日本でも憂鬱な気分になる生徒指導の先生による「服装チェック」

その項目たるや、ヒロノリが確認した中だけでも
①髪 ⇒染髪・長さー耳が隠れない程度、且つおしゃれカット禁止?
②靴 ⇒きちんと磨かれているか、破れていないか
③シャツ ⇒アイロンはしっかりかかっているか、サイズはあっているか

そして極め付け
④ズボン ⇒裾の長さ&裾の幅(太さ)

ズボンのすそ幅は太すぎず細すぎず、16㎝がベストだそうな。
んなこと言われても・・・


と言っても、ランカの制服は支給品ではなく、自ら布を買ってマハラカデー(テーラーさん)で寸法を測って作るのだそうだ
。つまり、完全に自作であり、寸法は自分の責任なのである。

だから、このチャックに引っかかった制服に与えられる罰は「作り直し」

聞いた話によると、一着作るのにシャツだと800ルピー、ズボンだと900ルピーぐらいするらしい。
結構バカになんない額・・・


この学校はどちらかというとお金持ち学校なので、チェックとかは厳しいのかもしれない。
田舎の学校ではそんな話聞かないし。。。
なにはともあれ、身だしなみに気を付けることは良いことだ!



ちなみに、この生徒指導の先生(っぽい人)、めちゃくちゃ恐いらしい
どこの国でも生徒指導の先生の認識のされ方は似たようなものなのだ・・・
スポンサーサイト

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hirosuke5223.blog98.fc2.com/tb.php/76-eb268e89
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

うちなんちゅ OBJECT TO カデーのおっちゃん «  | BLOG TOP |  » うちなんちゅ sleep 日曜日

プロフィール

ヒロノリ

Author:ヒロノリ
まさかのスリランカおかわり。
しかもネット環境がすごぶる悪いド田舎での活動とあいなりました。

帰国カウントダウン

再度の帰国まで

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

未分類 (20)
ブログ (15)
生活 (133)
活動 (40)
学校 (21)
遠征 (38)
週刊シリプラ (25)

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。