2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ランカ東方見聞録【なーる】

はいさい!!戦争を知らない子どもたち。ヒロノリです。
第二次世界大戦から70年が過ぎようとしています。

ランカ東方見聞録第四弾。
「スリランカに原爆展の恐ろしさを伝える」自主活動・原爆展

うちなんちゅ IN クルネーガラからの読者諸兄はご存知と思うが、
パネル展示やオリジナルの人形劇を通してスリランカに原爆の恐ろしさを伝える原爆展という自主活動団体(本来の活動外で有志が行う)がある。
元々広島出身の隊員(大先輩)が始めたもので、少なくとも4年以上も前からある団体である。


ラージャンガナヤなの場所はこちら

大きな地図で見る
「東部じゃないじゃん、ラージャンガナヤ」とかいう無粋や輩は置いといて。

ラージャンガナヤには現在5名の隊員が活動しており、CBRという組織に配属されそれぞれの得意分野を活かしてラージャガナヤの社会福祉、社会環境の向上目指して活動している。
複数の隊員が連携して活動する「チーム派遣」が行われている地域だ。

そんなラージャンガナヤでの原爆展の公演は実は3回目(4回目?)
お得意先である。

今回はとある学校での公演となった。

今回の目玉はなんと言っても「被爆2.5世」のJICA職員によるお話である。
彼は広島の出身で祖父母とご両親が被爆、直接ではないしろ原爆の影響を受けた。
戦争が終わっても終わらない原爆の恐ろしさを慣れないシンハラ語で伝えてくれた。
彼の思いがスリランカの子どもたちの心に刻まれたことを心から願う。
ありがとうございました。

ラージャンガナヤ原爆展
いつも演者の方なので、良い写真ないんですよね・・・

途中、ヒロノリがスクリーンをぶっ壊すなどのアクシデントもあったものの、原爆展は無事?終了。
これからも原爆のこと、戦争のこと、平和の尊さを伝え続けて欲しい。
曲がりなりにも私も沖縄出身なのでね。

原爆展のバンに乗って一路コロンボへ。ヒロノリの東方の旅は終わった。
お世話になった皆様、ありがとうございました。


そんな東部での一週間。

スポンサーサイト

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hirosuke5223.blog98.fc2.com/tb.php/282-cf7948d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

うちなんちゅ IN デヒワラ動物園 «  | BLOG TOP |  » ランカ東方見聞録【な~んどぅ】

プロフィール

ヒロノリ

Author:ヒロノリ
まさかのスリランカおかわり。
しかもネット環境がすごぶる悪いド田舎での活動とあいなりました。

帰国カウントダウン

再度の帰国まで

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

未分類 (20)
ブログ (15)
生活 (133)
活動 (40)
学校 (21)
遠征 (38)
週刊シリプラ (25)

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。