2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うちなんちゅ HATE 戦争

※JICA関係者のみなさん、不適切な記事だと判断したら勧告ください。



はいさい!!「対馬丸」(沖縄戦時の学童疎開船が襲撃された話)のビデオは10回以上鑑賞。ヒロノリです。
沖縄の小中学校では毎年一回は授業の一環として鑑賞します。




スリランカの内戦が終結して3年が経とうとしている。

その戦争時に大規模な人権迫害があったのではないかということで、国連人権会議のジュネーブでの会議で調査団をスリランカに派遣する決議がでた。
そのことに対してスリランカ各地でかなり政府関係者を巻き込んだ大規模なデモが行われた。
記事:Sri Lankans protest proposed UN rights resolution(AP通信社記者Frank Jordans)

簡単に言うと
「自分の国の問題は自分で解決するから、外部からの介入を拒否する」
とのことだ。

人権問題はかなりデリケートな問題だもんね・・・

んで、上記記事中のランカのエネルギー省大臣 Patali Ranawakaさんの一言。
"People have gathered here to give a clear message that they are ready to safeguard this country from the vicious proposals and accusations of Western forces,"
[ここに集結した人々は、この国を守り、西側勢力の悪意ある提案と告発からこの国を守る準備があるという明確なメッセージを伝えている。]

さらに政府大臣Silva warnedさん
"learn a good lesson in Sri Lanka if they try to do the same thing that they did to Iraq, Libya and Syria."
[もし彼らがイラクやリビヤ、シリヤにしたようなことをしようとするならば、スリランカで良い勉強をするだろう]

(訳間違ってたらごめんなさい)


一応公用旅券を持つものとしてこれ以上のコメントや私的な意見は控えるが
正直、スリランカに住んでる者からしたらあまり悠長に構えてられない流れともいえる。




同一民族国家の日本でも人権という観点から見れば第二次世界大戦中の日本軍による集団自決の強制に関する疑惑なんかがあるが

国家間の争いにしても、内戦にしても
戦時中はもちろんのこと、終戦後でも
やれ戦犯だの
やれ隠蔽だの
やれ陰謀だの

疑惑は尽きず、それが原因でまた大小の差はあれど新たないがみ合いや争い・衝突が生まれる。

憎しみから生まれるのは憎しみだけ
憎しみが消えても悲しみは残る


みんながわかってるはずなのにねぇ・・・



なんか暗い記事になってしまったが
国際情勢に目を向けたらいろいろと見識も深まるよって話。



※今回の記事はヒロノリの独断と偏見によるものです。
  どう思うかはあなた次第・・・うふっ(つд⊂)  キモッ・・・
スポンサーサイト

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hirosuke5223.blog98.fc2.com/tb.php/188-5e0f386c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

うちなんちゅ IN ケゴール «  | BLOG TOP |  » うちなんちゅ MEET GSE

プロフィール

ヒロノリ

Author:ヒロノリ
まさかのスリランカおかわり。
しかもネット環境がすごぶる悪いド田舎での活動とあいなりました。

帰国カウントダウン

再度の帰国まで

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

未分類 (20)
ブログ (15)
生活 (133)
活動 (40)
学校 (21)
遠征 (38)
週刊シリプラ (25)

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。