2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うちなんちゅ IN テルデニヤ

はいさい!!小学生に教えるとか未知の領域。ヒロノリです。
特に言葉の通じにくいらんかわらば~は異世界人のごとし。


ということで、キャンディはテルデニヤという僻地?で活動しているO隊員の任地へみんなでやってきた。

このテルデニヤ。キャンディからバスで約1時間。
O隊員が活動している学校(二番目に近いとこ)でテルデニヤからバスで山道を約1時間。
ちなみに朝はバスは三時間に一本ぐらいというド田舎

しかもこれでもランカ隊員の活動先としては一番の田舎ではない。
ほんと、協力隊員はいろんなところにいる。




話がそれた。

同行したA隊員曰くジェットコースターの様なバス移動のすえ到着した学校を見学させてもらった。


第一印象としては、都会の子どもたちに比べて落ち着いているということ。
クルネーガラでもそうだが、田舎の学校になるにしたがって子どもたちが面倒くさく無く落ち着いている。
学校の校風にもよるんだけどね。


そしてO隊員の授業を参観させてもらった。
テルデニヤ訪問
奥のピンクのサリーを来ているのがO隊員。スリランカの女性教師はみんなサリーを着用している。

O隊員は、子どもたちの基礎計算能力が低いことに着目して、九九や百ます計算の指導、補修講座などを活動の中心としているそうだ。
さすが日本での教師経験も豊富なだけあり、ヒロノリと違って落ち着いた物腰、流れるような授業展開だった。

同じ職種の隊員と言っても、おたがいの活動や授業を生で見る機会はほとんどないため、かなり新鮮だった。
同じような要請、活動内容でも人によってその特色がでる。
それらを見ることができることはこれからの活動に少なからず活すことができる。


道中話を聞いてみると、配属先の細かな要望や状況もややクルネーガラと違うらしく、良い実践例も教えてくださった。


短い時間の訪問だったが、他の同職種隊員の活動を見学することができて良い刺激になった。
O隊員、これからもジェットコースターバスに負けずに頑張ってください。
ありがとうございました。


あ、あとO隊員の授業、今度パクらせてもらいます(笑)
スポンサーサイト

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hirosuke5223.blog98.fc2.com/tb.php/185-7bf04960
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

理数科教師隊員ズ IN クルネーガラ «  | BLOG TOP |  » うちなんちゅ IN ポロンナルワ

プロフィール

ヒロノリ

Author:ヒロノリ
まさかのスリランカおかわり。
しかもネット環境がすごぶる悪いド田舎での活動とあいなりました。

帰国カウントダウン

再度の帰国まで

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

未分類 (20)
ブログ (15)
生活 (133)
活動 (40)
学校 (21)
遠征 (38)
週刊シリプラ (25)

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。