2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うちなんちゅ RESPECT 日本の先生

はいさい!教員免許は無駄にもってます。ヒロノリです。
資格的には小中高全部いけます。まぁ、学校教員できる気はしないけど。
※今回の記事は愚痴&ちょっと真面目な話です。興味ない方は読み飛ばしましょう。


さて、「授業研究」なる学校教員を震え上がらせる恐怖の研修制度がある。
平たくいうと、で~~じ時間と気を使って計画した授業を上司や同僚に見てもらった上でコテンパンにダメ出しされるというドS研修行事である。
経緯は省くが、何を隠そう、現在のヒロノリの活動のメインがこの授業研究をスリランカに普及できたら良いね。ってことなのだ!!

んで、その授業研究の重要要素の一つが学習指導案(どうやって授業するかとかの計画表)なのだが、これがまたしっっっかなんぎ
指導書を基本にすることはするが、学級の様子や既習事項や達成度・定着度そのたもろもろの要素を統括的に踏まえた上で、より学習効果があがるような工夫や指導方法を考えたり教材を作ったりするわけだ。

ヒロノリも学生時代の講義やら課題やらで書かされたが、キチンとしたものを書くとA4紙10枚じゃきかない
これを毎週出せと言われた日には心が粉砕骨折したものである。
教育実習の時も毎コマ略案(学習指導案の簡易版)の提出を求められグレそうになった思い出がある。
まして実習中の授業研究の学習指導案なんてもう、
はぁっしゃもう!!《゚Д゚》ってもんである。
なんせその後コテンパンにされることわかってるからね…


そしてこれが現職の教員となると学習指導案は特別な時だけだとしても、週案(1週単位の指導計画)の提出は義務だし、自分で略案を作って授業に臨む先生もいるんだそうな。

学校の先生はものっそい頑張ってるんだよ、児童生徒諸君!!


これは日本の話。それじゃスリランカでは、
「学習指導案?教員用指導書あるんだからそれをそのままやってりゃ良いじゃん」
それはまだわかる。
「いちいち考える意味あるの?そもそもそんなの考える時間も書く時間も私らにゃないもん」


指導書のやり方は良くないって言ってるのは誰だっけか!?(=_=)

カリキュラムが多過ぎるからどうにかしろと言ってとるのはた~だっけか!?('A`)

勤務時間に茶飲んでくっちゃべって授業潰してとるのはた~か!?(#゚Д゚)


ええ、文化の違いを乗り越えて活動するのがわれわれ協力隊の醍醐味ですからね、それをどうにかするのが仕事ですからね。わかってますとも・・・



まぁ、愚痴っぽくなりましたが、日本の児童生徒学生の諸君に告ぐ。
日本の先生たちはで~~じ頑張ってるんだよ!あんまりいじめちゃダメ!!

ってか日本の子どもがこの記事読んでるとは思えんが…
スポンサーサイト

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hirosuke5223.blog98.fc2.com/tb.php/159-72426182
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

うちなんちゅ SALUTE どさんこ «  | BLOG TOP |  » うちなんちゅ INATTENTION 健康

プロフィール

ヒロノリ

Author:ヒロノリ
まさかのスリランカおかわり。
しかもネット環境がすごぶる悪いド田舎での活動とあいなりました。

帰国カウントダウン

再度の帰国まで

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

未分類 (20)
ブログ (15)
生活 (133)
活動 (40)
学校 (21)
遠征 (38)
週刊シリプラ (25)

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。