2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うちなんちゅ COUNT 休日

はいさい!
日本語教室の生徒と"north(北)"の“th”は「トゥ」か「ス」かで争いました。ヒロノリです。
「国が変われば発問も変わる」ということに落ち着きました。
彼女は釈然としない感じだったけどよ。


スリランカで活動するアオタツことT隊員のブログにこんな記事があった。
なんか、なんか、スリランカ2 No.151ランカ

「スリランカは休日が多く国連にも注意されるほどだ」ということは以前にもこのブログで何度か書いたことがあると思うが、こうやって数字にするとなかなかの休みっぷり。

T隊員のブログにもあるとおり、四半期ごとの長期休暇のおかげで公務員に輪をかけて休みが多い学校教職員
はて、一年にどんだけ休日があるだろうか。
気になったので2011年のスケジュール帳を紐解いてみた。

結論。
一年の休日183日(土日の祝日を振替しない場合)。
この時点で一年の50.1%が休日。

有給のことはわからないが、T隊員情報の「年間有給40日」を適用してそれをフル活用すると223日
一年見てきたかぎりそこまではないようだが…例えね

ということは一年の61.0%強は大手を振って休めるということに…

はてさて、ここからはちょっと専門分野の教育についてだが…
さらに、訓練やら会議やら入るとその日は授業はなくなる。そのような日が月に一度あるとすると年間授業日数
365-(223+12)=130日

普通スリランカの学校では一日7コマ(1コマ40分程度として)。
ということは、年間のコマ数は130×7=910コマ。
通常中学年(6学年以上)の学年は8科目の授業があるため、1科目に割かれるコマ数は年間114コマ
(有給を一切使わなければ一日1コマとして+40コマで154コマ、)
ちなみに、6年生の数学の年間授業コマ数は指導書から算出するに必要コマ数145コマ

この時点ですでにカリキュラムが破綻しているではないか!!《゚Д゚》


さらに、学校行事があると当日前後日はまるで授業が実施されない。
そうなるとさらに授業日数、コマ数が削られる。
もうそうなると、有給を一切使わなくともカリキュラムが破綻してしまう…

さらに言えば、スリランカの学習内容は結構多く、難易度が高い。(数学についてはだが。)

そらあなた
カリキュラムが多すぎて教科書が終わらせないよ。サー…」
って言いたくもなるよ。

終わらしたとしても学習者の理解度が十分な状態では終わらんよね…




ついでに言うと、授業数が足りないから休日に補習とかしようとしても受験を控えた学年でもない限り、よほどの進学校でもなければ生徒が来ない(実感済み)


八方塞がりとはまさにこのことやね(笑)


カリキュラムやら休日の日数はわれわれJOCVにはどうにもできんので、それを踏まえて授業内容を凝縮・効率的にするかがキーのようだ。



なんか最後は真面目なコメントになってしまったが。
要するに休日多すぎやっさ(;゚Д゚)!ってことで。



注)今回の日数やデータはヒロノリ調べのため、正確さに保証はしませし、責任は持ちません。ご了承ください。
スポンサーサイト

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hirosuke5223.blog98.fc2.com/tb.php/148-97651b83
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

うちなんちゅ CALLED BY らんかんちゅ «  | BLOG TOP |  » うちなんちゅ IN 歓送迎会213

プロフィール

ヒロノリ

Author:ヒロノリ
まさかのスリランカおかわり。
しかもネット環境がすごぶる悪いド田舎での活動とあいなりました。

帰国カウントダウン

再度の帰国まで

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

未分類 (20)
ブログ (15)
生活 (133)
活動 (40)
学校 (21)
遠征 (38)
週刊シリプラ (25)

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。