2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うちなんちゅ ON 波

はいさい!
ランカ人に「どこの国の人?」と聞かれて冗談で「スリランカ人さぁ」と答えたら信じてもらえるヒロノリです。
最近こんなネタばっかだな…


さて、ウェリガマ二日目。
この日の早朝はあいにくの大雨だったが、7時頃には晴れ渡り満を持して(今回は泳ぐために)再び海へ。

一緒に海へ繰り出した男性隊員、M隊員と二人で波に弄ばれるごっこをしている間に他の隊員もやってきて波も良い感じになった(らしい)ので、人生初のサーフィンを体験

といっても、完全なる初心者のため、ベテラン?サーファー隊員Hさんに教わりながらの波乗り。
ついにボードの上に立ち上がることはできなかったが、寝転んだまま波に押されて海岸近くまで行けるようにはなった
それだけでも結構気持ちよかったので、立ち上がることができたらさぞかし爽快な気分なのだろう。


そして十時ごろに遅めの朝食。
前日に知り合った日本人観光客のHさん(ランカにホームスティ中)とKOICA(韓国版JICA)の方も交えての朝食。
KOICAさんの話を聞くと、我任地クルネーガラにも四人のKOICAがいるらしい。(会ったことないけど)
そしてここで繰り広げられる日本人と韓国人がシンハラ語で談笑しているといういんたーなしょなるな状況。
さぞランカ人従業員には奇っ怪な光景だったことだろう。。。


そしてここで残ってサーフィンする組みと帰宅組みに別れて解散。

帰宅組のヒロノリたちは帰り際にウェりガマのバススタンド近くにあるお店へ。
何を隠そうこのお店、今回我々が散々お世話になったS隊員が考案したテンビリゼリーが置かれている店なのである。
ゼリー広告

テンビリゼリー
(テンビリとはキングココナッツのこと、ランカではかなりポピュラーで道端でも売っている)

これがまたさっぱりして美味しい。さすがはS隊員。
ウェリガマにお越しのさいは是非ご賞味くださいませ。



そして前日の酒と波に弄ばれてぐっじゃぐっじゃなヒロノリはここからクルネーガラへ直で帰る(バスで8時間)という強行軍を実行し無事?帰宅。

スリランカの南端での出会いに思いを馳せながら泥のように眠ることと相成った。



※今回お世話になったS隊員夫妻、Hさん、KOICAの皆さん、そして誘ってくれた隊員様がた、本当にありがとうございました。
またの機会があればまた誘ってくださいな。
多分また飲んでバッカリだけれでも・・・・
スポンサーサイト

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hirosuke5223.blog98.fc2.com/tb.php/143-52a35653
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

災害 IN スリランカ «  | BLOG TOP |  » うちなんちゅ IN ウェリガマ

プロフィール

ヒロノリ

Author:ヒロノリ
まさかのスリランカおかわり。
しかもネット環境がすごぶる悪いド田舎での活動とあいなりました。

帰国カウントダウン

再度の帰国まで

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

未分類 (20)
ブログ (15)
生活 (133)
活動 (40)
学校 (21)
遠征 (38)
週刊シリプラ (25)

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。