2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うちなんちゅふぁみりー IN シーギリヤ

スリランカ家族旅行(実質)三日目、朝から父とシーギリヤへ登る
スリランカにやってくる前から「シーギリヤ・レディに会いたい!!」というのが父の望みだったからだら。
ちなみに母は昨日のダンブッラで筋肉痛になり、
「あんなん登るの無理さぁ~」ってことでホテルでお留守番…
シーギリヤ
(その辺を歩いていた子どもたちと…)

ヒロノリは以前に一度登ったことがあるのでガイド兼業、ほぼ案内板を読んだだけだが…
満足はしてくれたようだ。
大昔に父王を殺した弟王子が兄王子の復讐をおそれてこんな断崖絶壁の岩の上にに王宮を築いたんだとか、シーギリヤ王朝は(確か)11年間のみの王朝として栄え、結局兄王子に襲撃されてその幕をとじた(そうな)
詳しくはネットの波に乗るなりして調べてみてください。ヒロノリは結構うろ覚えなんで…
こんなこところに王宮を築こうと思う王もなかなかだが、それを作らされた労働者はたまったもんじゃないな
としょうもないことを思ってみたり。


一度ホテルに戻り母を拾ってから、今度は象サファリへ。
象サファリ

ただひたすらに象がいた。というか象しかいなかった
その分で~じ一杯いたけどね、100頭ぐらいの群れに出会い、子象も見ることができた。
ヒロノリ的には象が地面の草をむしって食べてるところを初めて見れて感動した。
両親はサファリ自体の雰囲気を感じて満足してくれたようだ。

明日はキャンディへの移動日。道すがらの事件に期待?




本日のヒロノリ賞
シーギリヤの天辺
~シーギリヤの頂上に立つ女~
シーギリヤ頂上でゴミ拾いをしていたオッチャンが写真の彼らに
「あそこ(彼女が乗っている石)がシーギリヤで一番高いところだ!!」と伝授
そのとなりに無造作に積んであったレンガの山のほうがちょっと高かったことは彼らには黙っておこう。
スポンサーサイト

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hirosuke5223.blog98.fc2.com/tb.php/102-ad29fabb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

うちなんちゅふぁみりー WAY TO キャンディー «  | BLOG TOP |  » うちなんちゅふぁみりー IN ダンブッラ

プロフィール

ヒロノリ

Author:ヒロノリ
まさかのスリランカおかわり。
しかもネット環境がすごぶる悪いド田舎での活動とあいなりました。

帰国カウントダウン

再度の帰国まで

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

未分類 (20)
ブログ (15)
生活 (133)
活動 (40)
学校 (21)
遠征 (38)
週刊シリプラ (25)

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。