2013-07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週刊シリプラ 【はやうぇに】

はいさい!!いくつになっても夏休みが待ち遠しい。ヒロノリです。
学校関係者だけの特権といえば特権。


週刊シリプラ6号(ぱすうぇに)。今週の出来事。
・ビバ!三連休、自宅にこもる
・期末テスト週間、仕事を干される
・エサラ・ポヤ
・従姉、結婚する
・同期に誕生日プレゼントを贈る
・我慢の限界、テリマヨ丼


そんな今週。今回の話題はズバリ
「ランカ期末テスト」

学校があれば授業があり、授業があれば定期テストがある。
それは日本はもとより世界共通の認識であろう。
もちろん、スリランカにもある。

日本の期末テストは学校の教員がそれぞれの担当教科毎に集まって作成するのが一般的だが、
スリランカの場合は教育省で作成し、各学校に配布される。

だからランカの先生たちは必死である。
なぜなら、どんなに授業が遅れていようがんなの関係なしに作問されてしまうんですもの。
「事前にカリキュラム配布されてるでしょ?」と言われれば一巻の終わりなのである。

そして、教育省が問題を作るのだから、その日程も教育省が決める。
今回のテストの日程は
小学生:7/23~7/30
中高生:7/15~7/30

一日1~2科目、中高生に至っては2週間にわたる日程となる。
ちなみに、その日のテストが終わると各自帰宅となる。
(教師によってはそのあと授業することもあるらしい)


「一日2科目って・・・なめてんの?」と日本の学生には怒られそうだが、甘い。
1科目の試験時間はだいたい90分~120分あるのだ。12年生のシンハラ語に至っては180分
しかも、中高生は各科目がⅠとⅡに分かれていて、それぞれ別科目として扱われる。
つまり数学だけで4時間近い試験時間となるのだ。集中力もへったくれもない。
らまい・ぱう~。

そんなに長い試験時間、さぞかし難題を突き付けられているのだろう。
と思いきや、問題のレベルは超そんなに難しくない(まぁ先生目線ですけど)
「勉強してりゃ解けるけど、してないやつ(覚えてないやつ)には無理」
というレベルである。

例えば、10年生の問題(一応配慮してレベルは合わせて問題の内容は変えてあります)
・正20面体の一つの面の形は何か。
・長方形と平行四辺形の違いを2点答えよ。
・log2=0.3010としたとき、log20の値を求めよ。
ちなみに、これは問題Ⅰレベルで、問題Ⅱはもうちょっと難しい。

んで、昨日はちょろっと数学Ⅰの採点を手伝っていたりしたのだが、
まぁみんな点数低い。50点中1桁とかざらである。

なぜかといえば、ランカ人はあきらめるのが早いのである。
きちんと勉強してきた子には簡単すぎて、1時間もあれば解き終わってしまうのだが。
「わかんね」と思ったらほとんどの学生が迷いなく白紙で提出する。120分もあるのに。
半分以上白紙なんてやつもちょくちょく見られる。120分もあるのに。
そしてほとんど白紙の状態で「俺もう終わったぜ!」的な顔をして居眠りに入る。120分もあるのに。

そんなこんなで、90分なし120分ある試験時間中、60分も経つと学生諸君は居眠りするかぼけ~っとしだし、しきりに監督官に時間を聞いてくる。
そしてだいたい時間を聞いてくるのは「半分白紙状態」のやつばかりなのだ。

ランカ人の「にかん・いんなわー(ただぼーっとする)」の技術はこうして培われるのかもしれない。

真面目な学生たちのために追記しておくが、当然優秀な学生もいる。
3分の2ぐらいの学生は8割の点数をキチンとってくれる。


教師陣に「空欄多すぎでしょ」というと
「ランカの学生はかんめり(怠け者)だから・・・」という返答がかえってくる。
わかっているなら普段からちゃんと指導してほしいものである。
まぁその辺は学校教育だけの責任ではないと思うが。
↑この話は機会があるときにいづれ・・・


そして、試験期間だから学校へ行っても授業がなくてほぼ仕事が干されている状態のヒロノリ。
授業が無い分先生たちと話をする時間は多く持てるのがせめてもの救いか・・・



そんなシリプラの一週間。


~今週のヒロノリ~
最近やたらと寝る。
この前、午後5時ごろに「ちょっと夕寝」をして目覚めたら翌朝4時。
・・・学校行く準備しなきゃ。
昼寝・夕寝にも目覚ましが必要か!?
睡眠スキル・アップ。
スポンサーサイト

はいさい!!長距離移動で沖縄民謡を聞いていたら訛りが復活。ヒロノリです。
でもやまとんちゅと話すと標準語に早変わり。


週刊シリプラ5号(ぱすうぇに)。今週の出来事。
・母からの救援物資。届く。
・同期、誕生日を迎える×2
・期末テスト、始まる。
・発見!過去のO/L試験に作問ミス。


さて今回は、前回もちょっと触れたゴール遠征。
「中学生日本文化交流会」の話題。

Galle Children Festival の一環で、ゴールに本部をおくNPO団体Adopt Sri Lanaka(ASL)と協力してGall・Tangallaの中学生向けに日本文化交流ワークショップを実施した。


「折り紙」「料理」「習字」の三つのパートに分かれて、二日間、総勢240人の子どもたちが各パートを回って日本文化を体験してもらった。


ヒロノリは同じく協力隊員のM隊員とASLからのアシスタントのスカイラさん(ランカの学校で英語を教えている)と共に「折り紙」パート担当。二日間ひたすらに折り紙を折り続けた。
作ったのは「箱」「かぶと」「さくら」の三つ。

スリランカの子どもはイマイチ不器用なイメージもあったが、みんな上手に折ることができた。
引率の先生方も子ども以上に張り切って折り紙にいそしんでいた。
最期の「さくら」の壁面は簡単にできるので、学校でもやってみたい!!と言ってくれた。

なんだか普段の活動より協力隊っぽいw



ムスリム箱
折り箱を「ムスリムの帽子!!」と言ってかぶる子どもたち。
その発想はなかったわぁ~。手前のやつはちょっとちがうけども

かぶと
かぶと完成!!奥にいらしゃるのがスカイラさん。美人さん。


いろいろな桜
さくらは切り紙。切り方が変えるといろんな形の花になる。
みんな違う形になって面白い。


桜の木
できた桜を紙にはっていく。子どもに意外と厳しいM隊員。


たいへんよくできました
最期に記念撮影。
これを二日間で6グループ。しばらく折り紙はしなくていいいかな・・・


その後、日本舞踊とよさこいを披露してプログラム終了。
いやはやみなさん、お疲れ様でした。


それぞれが任地でランカ人相手に活動をすることの多いヒロノリ。
ときたま、こうやってほかの隊員さんと共同で活動するとかなりの活力をもらう。
それぞれの活動の様子が垣間見れたり、自身の活動のヒントになることも多い。

協力隊のみなさん、今後ともよろしくお願いします。



~今週のヒロノリ~
全号で停電の話をしたが、帰宅したときには復活していた。
だがしかし、冷蔵庫の中は悲惨なことに・・・
野菜やら果物やらが御多分にもれずへたり込み、カラフルな感じに。
そして何より味噌がご臨終していた。(マヨは生き延びた)
ものすごく悲しい気持ちになった。
みそ・・・・

週刊シリプラ 【はたらうぇに】

はいさい!!テンビリが高くて家計に痛手。ヒロノリです。
一個40ルピーは高い。


週刊シリプラ4号(はたらうぇに)。今週の主な出来事。
・発覚!!試験問題に作問ミス。
・生徒。脱走。
・ランカにも縄跳びあったんだ。
・ランカカレーエパー!!日本カレーを作る。
・踊るヒロノリ、痛む腰。



そんな今週、今回の話題は
「停電」

我が家はよく停電する。おそらく電線の接続が悪いのだろう。
しかも、昼にすれば良いのにたいてい夕方の日が落ち始めた時間に停電する。
嫌がらせにしか思えない。

でもまぁ大体1時間ぐらいで復旧するので、薄暗がりの中でミルクティーを淹れて、電気が戻ってくるまで庭でお茶している。
もう慣れたもんである。



そして金曜。大雨の音が聞こえるなかもいつものように停電。しかし待てど暮らせど電気が来ない。
1、2時間ロウソクで粘っても電気が来ない。。。

とうとう7時になっても我が家に電気がともることはなく、電気がなければ仕事もへったくれもないので8時に就寝。
扇風機も動かないので寝室の窓を全開で就寝。
外が大雨のため、普段に来れば得れば涼しいのが不幸中の幸い。


そして翌朝土曜日。まだ電気が来ていない。
これはおかしい・・・ということで調べてみると案の上


断線していた。
断線

昨夜の大雨で樹木が倒れて電線に引っかかりちょちょ切れてしまったようだ。

「このままでは生活に支障がでる!!」
夜暗いだの、ファンが回らないだのは良いとして、一番の問題は冷蔵庫が働かないということ。
大切な大切な日本食(味噌やらキューピーマヨネーズやら)がお陀仏になってしまう。これはなんとかしなければ!!

ということで、電力会社に電話して修理を依頼しようとしたが、なんせ停電で携帯が充電で来ておらず電話できず。
仕方なく隣町にある事務所まで足を運んで直で修理を依頼することに。
だがしかし、修理をする修理工の人たちが土曜ということでお休み。。。
連絡はしてくれるそうだが、たぶんその日中に直ることはないとのこと。
なんてこった・・・このままだと二日電気が通らない。
マヨネーズが、マヨネーズが~~~~~!!


いきさつを大家に伝えると。コロンボの本部にまで電話をしてくれて、
「んじゃ、電線直るまで俺ん家から電気を引いてやる!!」
ということで、どこからか長~~~いコードを持ってきて大家の自宅と家のコンセントを接続。
するとあら不思議。電気が開通
実は電気技師が職業の大家さん。つくづくできるランカ人である。


ここでさらに問題発生。
ヒロノリは火曜から日曜まで自宅を離れなければならないのである。(その件に関してはまた次回)

不在の間も大家の家から電気を拝借するわけにもいかないので、家をでる直前に大家の家との配線は外しておくことに。
つまり、火曜の朝から電線復旧まで我が家はNO電力状態。冷蔵庫もNO冷却。

味噌が!マヨネーズが!味噌が!マヨネーズが!!

ぜひとも早急に直してほしいものである。

来週、味噌とマヨネーズが生きていることを願うばかりである。



そんなシリプラの一週間。





~今週のヒロノリ~
あまりにも体力・筋力の衰えを感じたため、筋トレとストレッチを日課に取り入れようと試みている。
今のところ三日坊主にならずにすんでいるが、いつまでもつのやら。
腹筋は20回が限界。
要・筋力アップ

週刊シリプラ【とぅんうぇに】

はいさい!!よさこいを練習しています。ヒロノリです。
久々に踊ると体力低下を感じる。

さて、週刊シリプラ第3号です。

今週の出来事
・地区文化祭に招待される。
・百ます計算プロジェクト始動!?
・ランブータンの季節、来る。
・強制連行!無理矢理飲み会 in 真っ昼間

そんな感じの今週(6/27~7/2)。
大事件が発生しました。

「坊様二人が交通事故、一名死亡」

木曜日の昼頃、ご近所のShiripura M.V.の仏教の先生をしている坊様二人が交通事故にあい、一人が入院、一人が死亡した。
なんでも、学生が運転するスリーウィールで移動中、対向車線を走っていたトラックと正面衝突したらしい。
(なんだか情報が錯綜していて正確なところはわからず)
ヒロノリも二言三言会話をしたことのある人物である。

ヒロノリがこのニュースを知ったのは巡回している学校。
その日は指導主事訪問の日で、昼過ぎに指導主事の一人が
「坊様が亡くなった」
と教えてくれた。
事故が起こって2時間も経っていないぐらいである。ものすごい情報伝達速度。

その日の夜、シリプラ寺院でマラ・ゲダラ(お葬式)が執り行われることになり、9時にお寺に向かうと
「今、町の大きな病院からご遺体を運ぼうとしている、2時間後(11時)にご遺体が到着します」
とのこと。
そしてそのまま2時間、お寺で待つことに。

坊様のお姉さんとおぼしき人が、延々と叫び声とも泣き声ともつかない声をあげて嘆いていた。

待つこと2時間、ご遺体到着。
棺桶に入っているのだが、霊柩車(というか普通のバン)から棺が出てくると、それを一目見ようと人だかりができた。
そして、ご遺体はベットに寝かされるのだが
日本と違い、ご遺体がそのままベットに寝かされ、その周りを参列者が列を作って回っていく。

つまり、「本物の死体」を目にすることになる。

ご遺体が安置されている建物のまわりには、我先に建物に入ろうとする人々でごった返している。
知らずに訪れた外国人はお祭りかなにかと勘違いしそうなほど。

でも、ご遺体の近くにくるとみんな神妙な顔で手を合わせがらゆっくりと列を進める。


翌日は学校で葬式が行われ、後日、彼の故郷であるクリヤピティヤにご遺体は運ばれてそこでも葬式をするのだが、ほとんどの人はそこまで足を延ばして葬式に参列する。
ヒロノリは行かなかったのだが、参列した人の話を聞くと
「ご遺体はなかば腐りかけていて、顔がぶくぶくに膨れて面影もなかった」そうだ。

日本人の感覚ではご遺体をさらし者にしているようでなんだか嫌な気分になるが
これがスリランカの葬式のスタイル。文化の違い。

最終的には火葬され、お坊様の葬式となるとかなり盛大に執り行われる。


今週中はどこに行ってもその話題ばかりだった。
ちなみに、もう一人の坊様は未だ入院中。
不思議なことに、スリーウィールを運転していたという学生の話はとんと聞こえてこない。
軽傷だったのだろうか?

亡くなったお坊様のご冥福をお祈りします。


~今週のヒロノリ~
巡回先の学校。教室に入って授業をして子ども(小学生)と話していると。
「Your MAD!!MAD TEACHER!!」と言われた。
子どもと絡むときはかなりテンション上げて接している。
MAD(変人)と呼ばれても致し方なし・・・か?
変人レベル・アップ。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ヒロノリ

Author:ヒロノリ
まさかのスリランカおかわり。
しかもネット環境がすごぶる悪いド田舎での活動とあいなりました。

帰国カウントダウン

再度の帰国まで

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

未分類 (20)
ブログ (15)
生活 (133)
活動 (40)
学校 (21)
遠征 (38)
週刊シリプラ (25)

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。