2012-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うちなんちゅ DISCOVERY 訛

はいさい!!沖縄に戻って訛フルスロットル。ヒロノリです。
シンハラ語なんかもう忘れました。

勤務させて頂く塾の講師がお一人塾を去るということで、その方の送別会と一緒に歓迎会をして頂いた。

大学はやまとに行って、卒業したら沖縄に戻って就職する方は多く、逆にやまと出身で沖縄で働いている方も多い。
塾の同僚にもヒロノリ含めそんな経歴の人がいるのだが、そんな「やまと経験組」が揃うと始まるのが
「訛・方言」の話。

うちなんちゅがやまとで経験した事はもちろん、やまとの地方の方も自分の訛について話したりとなかなかと盛り上がる。

そんな会話の中で出た話。
「先輩に敬語で話してるいると、語尾に”〜ねぇ”と言ってしまい、機嫌を損ねてしまった
どうやら相手にとってはちょっとなめられている感があるそうなのだ。

ヒロノリとしては、敬語は100%標準語で話しているので、あまりピンと来なかったのだが、その帰りに同僚(生粋のうちなんちゅ)の車で送ってもらっている時にその話になった。

ヒ「そんなにねぇねぇ言ってますかねぇ?」
同「敬語でそんなに訛でないですよねぇ」(笑)
ヒ「ですよねぇ」
同「でも、気をつけんとあれですよねぇ」
ヒ「そんな気にしなくても大丈夫じゃないですかね」(笑)
ヒ・同 「・・・」
同「言ってますね・・・」
ヒ「だ〜りますね・・・」

その後、”〜ね”をつけないで話してみようと試みたのだが、「喋りにくいしなんか気持ち悪い」という共通意見に落ち着いた。

「〜さぁ」とか「〜ど」「〜だば?」など、そこそこメジャーになってきた語尾・訛はついつい出ても冷やかされる程度だし気をつけることができるが、マイナーなところは指摘されるまで気がつかないうえに知らずに相手を不快にさせることもあるようだ。

やしが、悪気とかないんだのに・・・
それが普通と思ってるんだのに・・・
言わんかったらもやもや〜するんだのに・・・

やまとで働くうちなんちゅの皆さん、気をつけましょうねぇ。(^^;)


自分たちのことでもまだまだ新しい発見があるって話。
スポンサーサイト

うちなんちゅ LESSON 運動会

はいさい!!沖縄の芸能なんてこれっぽっちもできない。ヒロノリです。
なんか練習しようかな。

いま、運動会シーズン真っ盛り。

ほとんどの学校はこの前の土日にやったのだろう。
いたるところから運動会のアナウンスや音楽が流れてきた。
ヒロノリ家は近くに小学校があるため、その音がダイレクトに聞こえてくる。

運動会といえば、地域の特色がでるわけだが
沖縄と言ったらやっぱりエイサー琉球空手

ヒロノリも小学校高学年と中学の時に演技した記憶がある。

ミルクムナリに七月エイサーなど、どの学校でも一つはエイサー演目があるのではないだろうか。
本番一ヶ月前ぐらいから体育の時間に練習が始まるのだが、このエイサーの音が聞こえてくると
「あぁ運動会のエイサーかぁ、秋だねぇ」
と感じる。

まぁエイサー自体は元々お盆の行事なので秋の風物詩という訳ではないんだけどね。
子どもといえど200人近い人数で踊る光景はなかなかに勇壮なものがある。

お祭りなどで青年会が踊るエイサーはでーじカッコいいよ。
やまとの人にも一度は見てもらいたい。

中学校や高校では旗頭もやったりする。
旗頭

自治会や学校毎にオリジナルの旗頭を作ってそれを掲げるのだ。
カッコいいよぉ〜。

そういった伝統演舞の指導にはPTAの父母会の皆さんが手伝ってくれてたりするのだが
親父さんたちにビッシバッシしごかれたのも良い思い出。

まだやってるのかねぇ。


ちょっと昔を思い出したって話。

うちなんちゅ IN 訪問学習

はいさい!!ぼちぼちとシンハラ語を忘れつつある。ヒロノリです。
やしがとっさのときはたまに出る。

沖縄JICAでは、学校からの要請を受けてJICAの施設の案内や国際理解教育のための講座をひらく
「センター訪問学習」というものがある。
まぁ、他の都道府県にもあるのだろうが・・・

先日、昭和薬科大学付属高校の三年生がセンター訪問で沖縄国際センターを訪れ、ヒロノリも声をかけていただき協力隊OVの案内役・講師として参加した。
ヒロノリの他にも現JICA・JOCA職員を含む5人の協力隊OVが参加した。

午前中はワークショップと施設案内。
ワークショップでは「もしも世界が100人の村だったら・・・」というワークショップを行った。
私は参加できませんでしたけどね・・・

施設内では、世界中から研修員(ランカ人は見当たらなかったけど・・・)が集まりそれぞれの分野の研修を受けている。
研修中にも関わらず、教室に子どもたちを招き入れて研修の様子を見学させてくれたり、実際に会話して交流を深めていた。
子どもたちもたどたどしながらも英語を駆使して交流を楽しんでいた。

他にも世界各国から帰ってきた協力隊OVや研修員の方々から寄付していただいた各地の民芸品が展示されている。
特に人気だったのが各国の民族衣装の試着。
滅多に触れることのできない民族衣装に興味津々で実際に試着し、記念撮影を楽しんでいた。
もう少し時間をとってあげられなかったのが残念。

間の昼休みにも、スリランカについていろいろと質問をしにきてくれた。


午後は簡単なJICAの事業説明と協力隊OVによる体験談
ヒロノリもスリランカでの体験を話させていただいた。

初めての体験談講話といことで、時間配分やら話の内容はひっちゃかめっちゃかだったが
みんな真剣な面持ちで話を聞いてくれて、良い反応もいただきました。
やっぱり言葉が100%通じるって良いね!

特に嬉しかったのが、講座が終わったあとに
「スリランカ行ってみたい!!」
という声がチラホラと聞こえてきたこと。なにはともあれスリランカ含む外国に興味を持ってくれたのは嬉しいことだ。

この経験を通じて、近くはなくともいつか国外に飛び出して
日本人として、うちんなんちゅとして活躍する人が一人でも増えてくれればと思う。


未来に期待って話。

Read More »

うちなんちゅ WORK IN 地元

はいさい!!学校の先生よりも塾講師向き。ヒロノリです。
実習指導教官のお墨付き。


先日地元のスーパーに買い物に行くと、昔の同級生にばったり会った。
聞けば近くの塾で働いているんだそうで、冗談半分で言ってみた。

ヒ「雇ってくれんかねぇ」(笑)

同「今講師募集してるから塾長に聞いてみようか?」

「ぜひ!!」


というわけで、ほいほいと話が進み
まんまと職にありついた。
まぁ非常勤講師だけどね。

とりあえず今度授業の様子なんかを見学させてもらって、来週から塾講師復帰の予定。
ぼちぼちと日本式の指導を復習しておかなくては・・・



持つべきものどぅしって話。

ミス・インターナショナル IN 沖縄

はいさい!毎朝新聞の一面には目を通すようになりました。ヒロノリです。
世の中いろんなことが起こってますね。

今朝の朝刊をふと見ると、ミス・インターナショナルの世界大会が開催されたらしい。
沖縄で

いやぁ知らんかったさ(笑)
しかも会場になった県立武道館は当日近くを通ってたしね。どうりで人が多かった訳だ。

そしてなんと今大会のグランプリは吉松育美さん(25)。日本人。
「平和と美の親善大使」というテーマでの受賞だそうな。
おめでとうございます。

ミス・インターナショナル

んで、さらに記事を読んでいると
「・・・三位にはスリランカのマドゥーシャ・ルシャー二・マヤドゥネさん・・・」

ランカ人やっさ!Σ(゚д゚;)
写真左の人ね

個人としては日本人がグランプリよりもしかんだ。
つい先日までいた国の人が三位。
たしかにランカにいるときに「スリランカ人がミスの世界大会にでるってよ」って話を聞いたことがあるような、ないような・・・
しかも開催地が沖縄って・・・

なんだかちょっとうれしくなった。


新聞が提供する驚きも捨てたもんじゃないって話。

うちなんちゅ VS ライター

はいさい!!高校時代の体力測定では握力17kg。ヒロノリです。
女子力たかめ。

日本を出国するときにはすでにその流れはあったのだが、子ども(幼児)の安全性を保つために、ライターに安全装置的な工夫がされ、着火装置(押すとこね)が重くなったり、二段階の操作をしないと着火しないように工夫がされている。

今ではそれが主流で、コンビニのライターもほぼすべてそれ系。
うむ、良いことだ。

やしが、まさかの落とし穴が・・・


ヒロノリ着火できず!!

いやまぁ、できるにはできるのだが、結構渾身の力を込めないとタバコも吸えない。
今更だが、ヒロノリはスモーカーである。

特に朝の寝起きのバトルはかなり熾烈。
ここまでの戦績は五分五分。
両手を投入するもあきらめて台所のコンロさんに助けを求めることもしばしば。

そんな訳で、日々(ライターで)筋力トレーニングをしている。

少しは筋力あがるかなって話。

うちなんちゅ COME BACK うちな〜

はいさい!!ブログリニューアルしました。ヒロノリです。
「タイトルが当たり前すぎるやっし!」という苦情は聞きません。

沖縄に帰ってきて早一週間が経った。
根本は変わってんけど、道が増えたり、山がなくなったり、ヒロノリの職がなかったり
ところところで変化が見られる。

現在はヒロノリ的には久々の台風が来沖。
今10月なんですけど・・・

協力隊関係のイベント(残務?)もちょびっとあるようなので、そのことも含めつつうちな〜暮らしを記事にしていこうと思う。
まぁ、クルネーガラの時ほど奇想天外なことはそうそうないはずだけど。


それでは、クルネーガラ編からお世話になった方々も
これからお世話になる方々も
どうぞご愛顧くださいませ。

またゆたしくって話。

うちなんちゅ IN うちな〜

はいさい!!やっと那覇市民になりました。ヒロノリです。
本籍が遠隔地だと面倒くさい。。。

ということで、やっと帰国後手続きが終わり名実ともに那覇市民になり、うちなんちゅになった。
前々から手続きの仕方調べて準備しといた方がよいですよ。隊員のみなさん。

さて、うちなんちゅがうちな〜に帰ってきたことで、このブログは最終回を迎えます。
今回のタイトルはブログ開始当初から決めていたもの。
というより、このタイトルで終わらせるためにブログの名前を決めたようなもの。

派遣された頃からこのタイトルの記事を書くのを心待ちにしていたりしたのだ。

これまで一回でもこのブログに目を通していただいた皆様。
本当にありがとうございました。

スリランカの魅力。
協力隊員の活動。
外国ぐらし・異文化に接するおもしろさ。

それらを少しでも感じてくれたなら幸いです。

これにてブログ「うちなんちゅ IN クルネーガラ」は終了しますが
今後も青年海外協力隊に参加したヒロノリがどうなったのか!?
というブログを書いてみようかと思います。

まぁ、著者がてーげーなのでどうなるかわかりませんがね。

ということで、ヒロノリの次回作に乞うご期待しないでください。

これまでの協力隊としての生活では本当にたくさんの方々にお世話になりました。
この場を借りて、最大限の感謝を申し上げます。
本当にありがとうございました。

今後も、ヒロノリを見捨てないでください。

それでは、地球のどこかで、そのうちまた逢いましょう!!

らすと
にふぇ〜で〜びる〜〜〜 )シ

うちなんちゅ IN 国立科学博物館

はいさい!博物館とか実は好き。ヒロノリです。
またどっかの調整員に「教育おたく」とか言われそうだけど・・・

ということで行ってきました。
上野の国立科学博物館
写真はあとでアップします

最初に訪れたのは大学1年のとき、講義の課題でレポート書くためだったのだが
思いの外面白くて東京に出て時間がある時は度々訪れるようになった。

いつもは「地球館」にいくのだが、今回は「日本館」を見学。
外国に住んでいて自国のことを意外と知らないことを感じていたので、まぁ興味がある科学視点から知っていこうという試み。

一言で感想を言えば
「マジでか!?」(°_°)
感心まではしないまでも、ヘェ〜って思うことが多々あった。

三連休最終日ということもあり、家族連れやカップルで賑わっていたのだが、見学者の女の子(中学生かな?)が言った一言が印象深い。三葉虫の化石の展示を見ていた彼女が

やばい・・・なんか鳥肌立ってきた・・・」

やっぱり実物の興味・関心への破壊力は凄まじい。
彼女だけでなく、多くの少年少女が展示に魅入っていた。

そんな彼らが将来この博物館に展示される様な発見をするかもしれない
それはとてもステキな事だと思う。
もちろん、
そこまでいかなくとも、どんな分野(科学に限らずね)でも興味がある持ててそれが自身の、日本の、はたまた世界の未来に繋がるとすればとてもとてもステキなことだ。

だから博物館や美術館、水族館に動物園といった施設が好きだったりする。

「そりゃ教育おたくっていわれるわな・・・」(ーー;)
って思ったって話。

うちなんちゅ IN ニッポン

はいさい!!二年間の青年海外協力隊としての活動が無事終了しました。ヒロノリです。
今までお世話になった皆様。本当にありがとうございました。

ということで、ブログでの報告が遅れましたが。
同期ともども無事帰国しました。

帰国後の研修もどうにか終了し、KTCでともに学んだ同期たちとも一晩飲んで
現在は派遣前にお世話になった方々にお礼参りをするために東京に滞在している。
が、
思ったより友だちがいないことが発覚し、もっぱら東京観光一人旅を満喫している次第。

新宿の都会っぷりにビビリ。

埼玉の母校に学生面して侵入し時の流れをなんとなく感じて

本日は東京スカイツリーに行ってきた。
でーじでかい。

あそこは一人で行くもんじゃないね。カップルと家族連ればっか。
終いには中学生っぽいカップルにいちゃいちゃを見せつけられるというね。(/ _ ; )

しかも人多すぎて展望台のぼるの諦めて水族館だけ行ってきた。
すみだ水族館。じょ~と~ど~。
すみだ水族館

ハロウィン(そんなのあったね・・・)期間限定なのかはわからんけど、おさかなクロスワードなるイベントもやっていて、正解すると特性ピンバッジが!!
ヒロノリは「ミズダコ」でした。タコ・・・
おさかなクロスワード


一応ライトアップされたスカイツリーも見てきた。
とうきょうスカイツリー
そして、となりでいちゃついていたカップルの写真を撮ってあげた。



そんな25歳独身。不精髭面。って話。


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ヒロノリ

Author:ヒロノリ
まさかのスリランカおかわり。
しかもネット環境がすごぶる悪いド田舎での活動とあいなりました。

帰国カウントダウン

再度の帰国まで

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

未分類 (20)
ブログ (15)
生活 (133)
活動 (40)
学校 (21)
遠征 (38)
週刊シリプラ (25)

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。