2011-07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うちなんちゅ SHOCK!! 

今書きあがったブログをアップしようとしたら、なぜがネットが切れてアップできなかった・・・

もう一度書く元気がないので簡単に・・・・



事務所の椅子が修理されて職場環境が改善されたぜ!
いぇ~い!!
椅子の修繕

えっちゃらい・・・
スポンサーサイト

うちなんちゅ GET UP 早朝

言わずもがな、スリランカの朝は早い。

日が昇り切る前の4:00頃からご近所からは

朝食の準備をする音
食後のお茶を淹れる音
「アンメ~アンメ~」と叫ぶ子どもの声
どこからともなく響くお経の声

その他もろもろの生活音が聞こえてくる。

ヒロノリ自身も、6:00までには起きて準備を始めないと7:30から始まる学校の朝礼には間に合わないため、その時間には目をこすりながら体を起こす。
朝から用事があるときなどは5:00前にはもぞもぞと動き出す・・・

スリランカで生活している人々(日本人含め)には当たり前の日常。


そんな日常の朝に思うこと

学生時代のヒロノリに教え諭したい。



人は変われる!!

ランカ・バス IS DANGEROURS FOR うちなんちゅ

「ランカのバスは危険である」という話はよく聞く話。
運転が荒い、揺れる、ぼろい、などなど(致し方ない部分もあるが・・・)

それらの要因が積み重なり、かなり大ダメージを与える場合がある。

その犯人は数々の金具である。
窓の留め具、カーテンをまとめるためのL字型のあれ、おそらく転落防止のための鉄の棒・・・
写真がないのでわかりずらいかもしれないが

それらが威力を発揮するのは、乗客がうつらうつらと居眠りを始めた時である。
眠気に襲われふらふらし始める、または熟睡中。
いきなりの揺れが発生すると・・・

ガツン!!(゚◇゚ノ)ノ
とこれらの金具で頭部を強打することになるのである。

この被害にあった協力隊員は少なくないはずである。



もちろんヒロノリも数回経験しているが
さらに悪いことに座高やら肩幅やらの条件が重なりごとくこめかみにクリーンヒットするのである。
熟睡中のときなどケン○○ウに秘孔をつかれたかと思うほどの衝撃。
眠気が吹っ飛び数分悶絶。

あの鉄製金具はどうにかならないものか・・・
是非改善を提唱したい。


まぁ寝るなって話だが

うちなんちゅ SPEND ON ポヤ

毎月恒例ポヤ・デー(満月の日)。


活動(学校)お休み。ポヤだもの。

明日は生徒少ないだろうな。今日はポヤだもの。

お隣近所はお寺に行って留守。ポヤだもの。

どこからともなくお経が聞こえる静かな午後。ポヤだもの。

道路は車も人も少ない。ポヤだもの。

お店がほとんどお休み。ポヤだもの。

スーパーのお肉コーナーは空っぽ。ポヤだもの。

魚介と冷凍肉は売っている。ポヤなのに?

帰りに乗せてくれたウィールのおっちゃんなの英語が聞き取りずらい。ポヤだもの。

よくよく鼻をきかせるとおっちゃん酒臭い。ポヤなのに・・・

あぁ今日も無為に過ごしてしまった。ポヤだもの。


そんな七月のポヤ。

うちなんちゅ ATTEND 隊員志望者

ときたま、青年海外協力隊に関心をもち、日本からスリランカに活動見学をしにいらした方がいる。
そんな方の一人がヒロノリの活動を見学していただくこととなり、一緒に活動に向かった。


普段通りの活動を見せてくれといわれていたので、普段通りの活動をした。
やしが、やはり他の日本人に見られていると思うと、それなりに緊張するのかいつもよりまとも(普段もまともだけど)活動することができた。

内山さん訪問②

といっても、いくつかの教室を見学し
生徒からの「なんか歌ってよ!」の無茶ブリを丸投げし
ちびっこたちと遊んでもらい
ヒロノリが教員と話してるときに、となりの教室で授業してもらったり
「時間が空いたのでそのへんブラブラしててください(笑)」とかいってみたり

見学しに来たのか手伝いに来たのかわからんぐらい放ったらかしてしまった。。。

それでもさすがは隊員志望者の方。
本物の隊員顔負け(特にヒロノリ)に現地の方とおしゃべりし、生徒たちと交流を深めていた。
内山さん訪問①


さらに、たまたま日本語教室の日でもあったので、これまた手伝って見学してもらった。
いやぁ助かった(笑)


明日からはスリランカ観光に向かうそうなので、思う存分スリランカを満喫してくれることを願うばかりだ。


わざわざ日本から出向いていただいたのにこんなもんで申し訳なく、むしろこちらも良い刺激になり感謝である。
ぜひ協力隊に応募してどこかの国で活躍していただくことを切に願うばかりだ。

うちなんちゅ QUARREL WITH ランカ人

今日はなぜか朝からイライラすることが多発した。
だからというわけではないが、スリランカに赴任して初めてランカ人と口論に発展しかけた。

理由はまぁ、細かいことも重なったことだと思うが、使えなくなった定規を使っていた子どもがおり、その定規をとある教員が外にぶん投げたことを注意したことである。

使えなくなった定規で作図したりするのはよくはないので、捨てて新しいのを買うなり、教室の備品を使うように指導するのはなにも悪いことではない。
ヒロノリが言いたかったことは
「壊れてるからと言って人の物をぶん投げて捨てるな。せめてゴミ箱に捨ててよ。」
ってことである。

唯でさえポイ捨ての多いスリランカ、それを助長するような行動を教員が、しかも人の物を放り投げるとは何事だ!
と注意すると、なんか話がかみ合わない・・・

「教室の備品をつかえば良いじゃないか!」
「だから俺が言いたいのはそこじゃない」
「あなたは知らないんだ、あの子たちは・・・」
「だから、そういう話じゃないんだって!!」
・・・・・


ヒロノリの語力が勘違いさせたのか、単にごまかそうとしていたのかはわからないが、どうにも真意を理解してくれなかったようだ。
こっちも言い方がきつかったとは思うので、どちらが話をこじらせたかは今ではあいまいなところもあるが、どうも釈然としないっちゃしない。

とにもかくにも、意思の疎通をはかるために、もう少しコミュニケーション能力上げねば・・・



うちなんちゅ IN 盆踊り

スリランカにその名を轟かせる日本料理レストラン「日r本ばし」
その企業が主催して毎年行われるのが「盆踊りまつり」である。
盆踊りのぼり


スリランカ在住の日本人はもちろん、その関係者のスリランカ人とその家族も招待され、今回は1500人近くの人々が日本の夏の風物詩を楽しんだ。
もちろんわれわれ協力隊員も参加し、金魚すくいの出店のお手伝い。
たくさんの子どもたちが訪れ、なかなかの賑わい。
金魚すくい


そして協力隊員はこのぐらい浮かれることとなる。
よよいのS隊員
ぶれぶれですいません



久々のお祭り気分。みんなで何かを一丸となって行うことは楽しい。
大学時代の文化祭を思い出した。

そして、やっぱり日本人は浴衣やね・・・(*゚∀゚)



そんな一日の一番の衝撃・・・

「あなたはスリランカ人ですか?」
って日本語ぺらぺらのランカ人に(日本語で)尋ねられる(゚口゚;)


とうとうこの時がきたか・・・









お祭りがひけたあと、ホステルで三次会のノリで飲んでいたが、途中でぷっつりと記憶がない。。。
被害を受けた方、もしいたらほんとにすいませんでした。

うちなんちゅ RECEIVE 同期隊員

ブータンから同期隊員がやってきた。

最近ブータンからの任国外旅行の隊員がたくさん来てくれている。
ほんとにうれしいかぎらりだ(特にお土産がw)

同期さんなので、ちょこちょこ案内とかイベントごとなどを紹介しているのだが、基本的には一人でいろいろと観光しているようだ。
まぁヒロノリがやったことと言えば、ご飯一緒に食べて、ゲストハウスを一つ紹介した程度。
と言ってもそのゲストハウスには宿泊しませんでしたが・・・

今週末は原爆展と盆踊り大会があるので、それにつれていく予定。たのしんでくれるとうれしい。


今回同期隊員を迎えて思うこと・・・
協力隊員はどこの国に行っても生きていける!!


やっぱりみんな、ちゃくちゃくと国際的な感じの図太さを備えてきているようだ。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ヒロノリ

Author:ヒロノリ
まさかのスリランカおかわり。
しかもネット環境がすごぶる悪いド田舎での活動とあいなりました。

帰国カウントダウン

再度の帰国まで

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

未分類 (20)
ブログ (15)
生活 (133)
活動 (40)
学校 (21)
遠征 (38)
週刊シリプラ (25)

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。