2017-07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

らんかんちゅ LOVE 英語

はいさい!!気づいたら帰国カウンターが二桁。ヒロノリです。
日本はすぐそこ。


らんかんちゅはとにかく英語を話したがる。特におじ~と偉いさん。
こっちはシンハラ語で喋ってるのに、ひたすら英語で話し続ける。
ちょっとイラっとする。シングリッシュは聞き取りずらい・・・

それはおいといて、スリランカでは英語教育になかなか力を入れている。
もともとイギリス植民地だっということもあるだろうが、小1(5歳)でアルファベットを学し、先も言ったとおり英語に触れる機会もままある。
まぁ、じゃあ話せるの?っていわれるとそれは別問題なわけだが・・・

そんなスリランカの英語への思いがこちら。
鍵言語
「我らがキーランゲージ・英語」
  ・国際競争への一歩
  ・人生で成功するために欠かせないもの
  ・技術分野への入口
  ・現代社会の光
  ・国際的
  ・次世代の魂
  ・未来の成功への希望

(※かなり意訳しました)

まさかのあいうえお作文(ABC作文か?)
いかに英語が大切な言語なのかヒシヒシと伝わってくる。
特に「英語はSoulだ!!」という言葉には感服せざるを得ない。
国際社会へ殴り込む気満々である。

ただ惜しむらくは
君たちのENGLISHはBritish Englishではない
ENGLISHには各国に訛りがある
君たちのENGLISHはたまにシンハラ語訛りがきつすぎて通じずらいことがある
「訛りが違う=英語じゃない」というのは違う

ということに気づいて欲しい。
そして、残念ながらこの張り紙、ちょこちょこスペルミスがある。
気づいてあげてよ先生・・・


世界は広いということをもっと認識してくれって話。

スポンサーサイト

うちなんちゅ BE ANXIOUS らんか遊具

はいさい!!この前の記事で嘘つきました。ヒロノリです。
修正させて頂きました。すいません。


低学年のいる学校に遊具はつきもの。もちろんランカの学校にも多少の差はあるが遊具が設置されている。
ブランコや登り棒、グルグル回るやつ、ちょっとお金に余裕がある学校だと簡単なアスレチック遊具もある。

そしてとある学校で発見したシーソー
傾き過ぎシーソー

半端ない傾斜
上がってる方の椅子はヒロノリの身長(170cm弱)ある。
激しく遊べば人間ロケットができるんじゃないかとワクワクする遊具。


校長先生に直談判してみた。
ヒロノリ 「このシーソーちょっと危なくないですか?そのうち誰か怪我しません?」
校長先生「今まで怪我した子はいませんよ。こんな危ないもの子どもたちも近寄らないから(笑)」


作ってる時に気が付けって話。

うちなんちゅ IN 五月週間

はいさい!!ゴールデンウィークは基本稼ぎ時だった。ヒロノリです。
サービス産業のバイトは連休が稼ぎ時。


今月のポヤ(満月の日)はウェサック・ポヤ(ウェサックはシンハラ語で"五月")。
五月のポヤはブッダの生まれ月だったか、ブッタが初めてスリランカ(セイロン島)にやってきた日だったかとされており盛大にお祝いされる。
どっちだったかは忘れてけど。

ちなみに、五月のウェサックよりも六月のポソンの方が盛大に祝われる地域もあるそうだ。
なぜに?


さて、お祝い=お祭り=祝日というシステムを政府レベルで実行するスリランカ。
この宗教的お祝いを見逃すわけもなく、ウェサック・ポヤ当日(今年は5・6日)に向けてみんな準備に大わらわである。
もちろん学校も。

そんなわけで、春休みが明けたばかりだというのに、ポヤに向けての準備で学校の授業はまるで進まない。機能停止状態。
教員はこのウェサック・ポヤがある週をウェサック・ウィーク(非公式)と呼ぶ。
生徒が上の空なうえに教師まで上の空。平和な国だ。


そしてある噂が事務所を駆け巡る。
「今年のウェサックって土日だから、月曜は振替休日になるらしいよ!!

この「なるらしい」ってのがスリランカがスリランカたる所以。
下々民は元より、事務所のトップでさえも、休みになるかどうか直前まではっきりとはわからない。
カレンダーを見ても、休日の表記になっているものもあれば、休日表記されてないものもある。
テレビでの正式発表があるまであくまで噂。予定が立てられやしない。

まぁ、予想通り振替休日になったみたいだけど。さっき確認できた。



一年の予定は元旦までに済ませろって話。

Read More »

らんかんちゅ NAMED 学校

はいさい!!自分の名前の由来は知らない。ヒロノリです。
母曰く「おじぃがつけたんだけど、忘れたさぁ~」(笑)



らんかんちゅの名前の由来には、
歴史的人物からもらってきたり、それをちょっとモジッている名前が多い。

それは学校の名前にも言える。
基本的にはその学校が建っている地名なのだが

クルネーガラで一番の規模と伝統を持っている「Maliyadewa M.M.V」は大昔の伝説のお坊さんの名前(らしい)

旧カウンターパートが移動していった「Sri John Kotalawara M.M.V」は元有名な将軍さんでスリランカの三代目首相(らしい)


などなど由来を聞いてみると結構な割合で歴史的伝説的人物の名前が付いていることがある。
なんで、スリランカ中に同じ名前の学校が複数存在するということも多々起こりうる。


そして、この前訪問した学校もそんな命名を受けた一つ。
その名も「Dutugemunu M.V」

この「Dutugemunu」って人。紀元前二世紀のスリランカの王様らしい。
昔の王様だとういうことはみんな知っているようだが、どんな王様だったのかはあまり知られてないらしい。
何人かに聞いてみたけど「知らない」って言われたし・・・

で、調べてみたら当時のタミルの王様を倒してシンハラ民族を統一した王様らしい。

なんでも、その昔ある西部の王様がいろいろあったあげく自分の娘を海に放り出した。
南部の浜に漂着した彼女を南部の王様が発見・歓待する。
その後そのお姫様が二人の子どもを産み、その一人が後のDutugemunu王。
彼は強力な軍隊を組織して快進撃を続け、いろんなところに寺などを建立した。(らしい)
英語力不足でね、詳しく知りたい人はこことかこことか見てください。


日本史のことはよくわからんが、たしか源頼朝がそんな感じの生涯だったような気がする。
違ってたらごめんなさい。




つーことは、Dutugemunu M.Vの感じで日本で学校作るとすると「源頼朝学園」みたいなことになるのか・・・
通称・・・「源学」?

この調子で行けば・・・

国立伊藤博文大学(伊藤大)」

市立卑弥呼小学校(ひみ小)」

県立須佐之男高等学校(須佐高)」

県立舜天中学校(舜中)」 舜天は沖縄の琉球王朝の始祖とされている人物 

・・・・とか?


そんなに悪くないと思ったヒロノリはやはりラン化しているのだろうか・・・

Read More »

うちなんちゅ JUDGE バレーボール

はいさい!!審判とか責任重い役割はマジ遠慮したい。ヒロノリです。
両チームからの板挟み状態とか、やっけ~やっさ(T_T)


この時期、スリランカは「スポーツの冬」なのかスポーツミーツに関連した運動関係の行事が盛りだくさんである。


学校行ってみたら校長先生が開口一番
「バレーボールの審判できるか?」


ってことで、バレーボールの審判してきた。男女に分けて二試合。

学年ごちゃまぜで学校全体を紅白に分けて一週間かけていろんな競技で競い合うらしい。
そしてこれがまたガチなのだ。

親交を深める気なんかゼロ。生徒もガチなら、先生はもっとガチ
試合中に自分のチームの子どもに大声で指示を飛ばしている先生がいたのだが、相手チームの先生から
「タイムアウト以外で指示を出すのはフェアじゃない!!」
と抗議が入り、大会委員長(校長)と両者の協議の結果、
指示出してた先生、退場!!グランドから去って行った。

と思ったら道向こうの学校の敷地ないから大声を張り上げておりました。
どもか・・・


子どもたちは今まで見たこともないぐらい真剣な顔でボールを追いかけていた。
勉強するときもそういう顔してほしいね(-_-)=3
そんなわけで、怒号と激励が飛び交っていたのだが

まぁ・・・バレーボール隊員さんの苦労が偲ばれる感じの試合内容だった。

やしが、みんな楽しかったようでなにより、スポーツは楽しむのが一番。




ちなみに、翌日は朝一に一年生のペラヘラ行列、午前中に男子がクリケット、その後女子がネットボールをやるそうだ。
ペラヘラって準備時間かかるし、たしかクリケットって一試合5、6時間かかることもあると思うのだが・・・
女子のネットボールはなくなる可能性あり。(そもそも授業はやる気なし)

パウ~~。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ヒロノリ

Author:ヒロノリ
まさかのスリランカおかわり。
しかもネット環境がすごぶる悪いド田舎での活動とあいなりました。

帰国カウントダウン

再度の帰国まで

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

未分類 (20)
ブログ (15)
生活 (133)
活動 (40)
学校 (21)
遠征 (38)
週刊シリプラ (25)

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。