2017-05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「週刊SIRIPURA」 創刊

はいさい!!かなり久々のブログ更新。ヒロノリです。
ネット環境がね、悪いんですよ。

なぜネット環境が悪いかといえば、今現在ド田舎で生活してるからである。
スリランカはポロンナルワ県シリプラ

シリプラの庭

そう、まさかのスリランカ協力隊おかわり
今回は10か月間の短期派遣。こりもせず学校を巡回して日々グチグチと文句を垂れ流している数学教育隊員をしている。
(今年度からいままでの「理数科教師」という職種が「数学教育」と「理科教育」に細分化されました)
現在2か月目。

前述したとおりあまりネット環境が良くないのでブログをなかなか更新できずにいたのだが、折角のランカ田舎暮らし。
なにか記録をつけようということで久方ぶりに筆を取るにいたった。
ただ、そんなに頻繁に更新はできないので、新シリーズ「週刊SIRIPURA」を創刊することにした。こう宣言すれば更新するようになるはず。
一週間の出来事からピックアップして更新しようといわけである。
毎週水曜日発行であります。

ちなみに、次回は創刊号ということでこの二か月をざっと振り返る予定。
予定は未定ということは言わずもがなですがね。



とうことで、これからもヒロノリをよろしくって話。
スポンサーサイト

うちなんちゅ ADVERTISE ラクリヤ

スリランカには現在50人以上の隊員が活動し、四半期(三か月)毎に任期を終えた隊員が帰国していく。

その帰国したスリランカ隊員OVのお二方がタッグを組んでスリランカ雑貨のネット販売を始めなさった。
サイトの名前は

「スリランカ雑貨のラクリヤ」
URLはこちら→http://lakliya.com/

まだ開設して間もないそうだが、さっきのぞくと品揃えも充実しつつあるようだ。
スリランカ在住でもちょっと欲しいと思うものもちらほらみうけられる。

興味があるかたはちょっと覗いてみてください。
そして・・・・ここからさきは言わずもがな(笑)

スピーチコンテスト

大統領の演説から逃げるように首都コロンボへ上りました。
笹川ホールというところで開催される「日本語スピーチコンテスト」でよさこいを踊りに行ったわけです。

全国各地から勝ち上がってきた9人のスリランカ人によFINALです
スピーチコンテスト
当然といえば当然ですが
出場者のみなさんはみんな日本語がお上手でした。
しかもかなりハイレベルなスピーチの内容でびっくり!
そして、審査員のみなさんの高度な質問にもびっくり!(笑)
日本語を理解していても答えるのが難しい質問もありました。やっぱり審査は厳しいもんです。
あんなことされたら私は泣きます。泣きませんが。

今回のよさこいは、今回帰国する日本語教師隊員さんの生徒さんたちも一緒。
やっぱり現地の人も踊ってくれるとうれしいですね!!
私はミスりまくりましたが・・・声は頑張ったってことで許してください。


どうでも良いかもしれませんが、
その帰りのバスの中で意外な人と出会いました。
鳥山明氏
鳥○明氏です。
ロボット女子や願いを叶える玉の話なんかで有名なあの人です。
前に座ったランカ人のTシャツにいらっしゃいました。
やっぱり彼は有名人です。

さらにどうでもいいですが、
かのロボット女子のお話のタイトルは明らかに彼女を創造した博士を指していると思うのですが
主人公は明らかにロボット女子…
天才ば○○ボンもそんな構図でしたね。

歓送迎会

20年度4次隊の歓送迎会がありました。
いろいろとあったらしく、会場はいつもよりもハイグレードなホテル!!
(まだ参加二回目ですが…)
みなさんラッサナイ服装でキレイでした。

新隊員(22-3)の出し物をみていて、およそ三か月前の自分たちと比べてみました。
あんな下品な出し物ですいませんでした…↓↓
二人しかいないので大変だろうなぁとは思っていましたが、とっても素晴らしい出し物でした。
22-3のお二人、お疲れ様でした。


その後はお待ちかねの「COLOMBO GIRL'S COLLECTION」と銘打っての送り出しの出し物!!
女性隊員が多い隊次ということもあり、とても華やかなものとなっていました。
まさかのKTCの先生の登場には驚きました。いやはや懐かしや~
ところで、先生の後ろで踊っていたのは次の隊員さんなんですかね?ファンキーな隊次みたいですね(笑)

そして、DJ503の底力には感心しっぱなしです…
僕らにはあんなことはたぶんできません。先に謝ります。
22-1のみなさん、さーせん!
20-4歓送迎会

とにもかくにも、
今回帰国されるみなさま!二年間および二年間以上の活動おつかれさまでした!!
日本でのさらなるご活躍を祈ります。

大人数の統制って大変・・・

本日は週に一回の事務所総出での指導主事訪問。

基本の流れとしては指導主事が教師たちと面談してその結果を踏まえての会議をするって感じ


だがしかし、ご存じのとおり面談なんてできる語学力はないので、学校内をぶらぶらしながら授業をしている教室を参観しました。


うちなんちゅ IN クルネーガラ-位の授業ちょうど四年生が算数の位の授業をしていたので参観。

日本みたいに算数ブロックなどの反具体物はないのですが、それに近い教具はあります。ほかの学校にもあったのですが、今日初めて使い方を知りました(笑)

授業していた先生は私とあんまり歳がかわらないぐらいの人で、いつもかなり年上の人に文句付けてるので少し気楽でした。

それでも俺よりは年上なんだけどね・・・

そのあと教師全員あつめての会議が開催されたわけですが、

「会議に出なくて良いから、子どもたちの相手しといてグッド!

って言われたので、会議が苦痛でならない私と先輩隊員は生きようよと校庭へ・・・


しかし、待っていたのは学校中の児童総勢200人以上!!


・・・・む・りドキドキ


ってことで、とりあえず二人で半分づつ(それでも100人弱)にして遊ぶことにしました。

縄があったので、とりあえず縄跳びをしてみましたが、順番を守るのが苦手なランカ人、収集がつかん!!

ので、綱引きに変更、これはなかなか盛り上がりました。まぁ列作ったりチーム作るのかなり大変だったけど・・・

日本でもそうだけど、学校の先生って一度に100人単位の子どもを動かさなきゃいけないわけで、本当に大変だ。

うちなんちゅ IN クルネーガラ-百ますしてます
実はこの学校

以前にJICA(だっけ?)のプロジェクトが入っていて、そのとき輸入?された百ます計算(現地語でエカシーヤコトゥ)を行っていました。

正確には意図をあんまり汲み取れてないけど、ここで書くとかなり長くなるので省略!






うちなんちゅ IN クルネーガラ-謎の遊具

これ、校庭の隅にあった謎の遊具

というか、最初は鳥小屋かなんかの小動物の飼育小屋だと思ってた。

こんな感じで子どもたちが遊んでました。しかもかなり楽しそうに・・・


やぁなんかは小動物か!?(笑)








NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ヒロノリ

Author:ヒロノリ
まさかのスリランカおかわり。
しかもネット環境がすごぶる悪いド田舎での活動とあいなりました。

帰国カウントダウン

再度の帰国まで

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

未分類 (20)
ブログ (15)
生活 (133)
活動 (40)
学校 (21)
遠征 (38)
週刊シリプラ (25)

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。