2017-05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はいさい!!長距離移動で沖縄民謡を聞いていたら訛りが復活。ヒロノリです。
でもやまとんちゅと話すと標準語に早変わり。


週刊シリプラ5号(ぱすうぇに)。今週の出来事。
・母からの救援物資。届く。
・同期、誕生日を迎える×2
・期末テスト、始まる。
・発見!過去のO/L試験に作問ミス。


さて今回は、前回もちょっと触れたゴール遠征。
「中学生日本文化交流会」の話題。

Galle Children Festival の一環で、ゴールに本部をおくNPO団体Adopt Sri Lanaka(ASL)と協力してGall・Tangallaの中学生向けに日本文化交流ワークショップを実施した。


「折り紙」「料理」「習字」の三つのパートに分かれて、二日間、総勢240人の子どもたちが各パートを回って日本文化を体験してもらった。


ヒロノリは同じく協力隊員のM隊員とASLからのアシスタントのスカイラさん(ランカの学校で英語を教えている)と共に「折り紙」パート担当。二日間ひたすらに折り紙を折り続けた。
作ったのは「箱」「かぶと」「さくら」の三つ。

スリランカの子どもはイマイチ不器用なイメージもあったが、みんな上手に折ることができた。
引率の先生方も子ども以上に張り切って折り紙にいそしんでいた。
最期の「さくら」の壁面は簡単にできるので、学校でもやってみたい!!と言ってくれた。

なんだか普段の活動より協力隊っぽいw



ムスリム箱
折り箱を「ムスリムの帽子!!」と言ってかぶる子どもたち。
その発想はなかったわぁ~。手前のやつはちょっとちがうけども

かぶと
かぶと完成!!奥にいらしゃるのがスカイラさん。美人さん。


いろいろな桜
さくらは切り紙。切り方が変えるといろんな形の花になる。
みんな違う形になって面白い。


桜の木
できた桜を紙にはっていく。子どもに意外と厳しいM隊員。


たいへんよくできました
最期に記念撮影。
これを二日間で6グループ。しばらく折り紙はしなくていいいかな・・・


その後、日本舞踊とよさこいを披露してプログラム終了。
いやはやみなさん、お疲れ様でした。


それぞれが任地でランカ人相手に活動をすることの多いヒロノリ。
ときたま、こうやってほかの隊員さんと共同で活動するとかなりの活力をもらう。
それぞれの活動の様子が垣間見れたり、自身の活動のヒントになることも多い。

協力隊のみなさん、今後ともよろしくお願いします。



~今週のヒロノリ~
全号で停電の話をしたが、帰宅したときには復活していた。
だがしかし、冷蔵庫の中は悲惨なことに・・・
野菜やら果物やらが御多分にもれずへたり込み、カラフルな感じに。
そして何より味噌がご臨終していた。(マヨは生き延びた)
ものすごく悲しい気持ちになった。
みそ・・・・
スポンサーサイト

うちなんちゅ PLAY ギター

はいさい!!大学時代、実はバンド組んでました。ヒロノリです。
ポジション「にぎやかし」。

コロンボのとあるおしゃれカフェにあるギター
play me
かなり見え難いが、奥のプレートには“PLAY ME!”と書いてある。
お客さんが気まぐれに手にとって演奏することができるのだ。
なんだかオサレさがにじみ出ている演出。ヨーロッパなんかではよくある風景っぽい。

だが、ここはスリランカ。やはり一筋縄ではいかない
cannot play you
Can't play you!!(´Д`)
弦切れとるがな。
よほどうまい感じの人でないと素晴らしい演奏は難しいように思える。
ハードル高ぇな。


サービスするならしっかりやろうって話。

はいさい!!意外と着流しが似合うらしい。ヒロノリです。
でも油断するとすぐセクシーな感じに・・・


ということで、先日キャンディに宿泊していた理由は翌日のJapan Dayに出席するためだったのだ。


日本語を学習している学生と日本人(協力隊員)の交流会を兼ねた日本文化の紹介イベントで、開催された学校の日本語教師と協力隊員の繋がりによって実現した。
Japan Day


何人かの隊員は浴衣を着ての参加。
ヒロノリも着流しを貸してもらっての参加となった。(落語家みたいとの評価)

隊員によるプレゼンと交流フリートークが終わり、みんなでお好み焼きを作ることに。

お好み焼き
材料から学生たちに切って貰ったのだが、自宅での家事手伝い具合が見え隠れしていた
見てる側としてはハラハラ。指がぁ~~~~…(;゚Д゚)


お好み焼き2
んで焼く、ひっくり返すのが大変そうだが、なかなか美味しそうに焼けた




そして、日本の文化紹介のVTRを鑑賞。

隊員による日本舞踊の実演
良い写真撮れんかった…

日本の唄をみんなで歌ったりした。



なかには日本語が達者な学生もいて、いろいろと話すことができた。
学習外国語言語としては結構人気が高いらしく、みんな一生懸命勉強して来たようだ。

このイベントを通して、さらに日本が好きになってくれたらありがたい。

うちなんちゅ IN ヒトリノ夜

はいさい!!団体競技より個人競技のほうが好き。ヒロノリです。
チームワークって苦手やっさ。


現在、キャンディにあるゲストハウスに滞在中である。
なんでそんなところにいるのかって理由はまた後日・・・
大した理由でもないけど。


ヒロノリがいる部屋にはベットが二つ準備されている。
つまり、この部屋にはヒロノリともう一人宿泊する予定だったのだが、ちょっとしたアクシデントでもう一人の方が来れなくなったと先ほど連絡があった。

必然的に、今晩ヒロノリは独りである。

まぁ、いつも独り暮らしのようなものだが、身近にランカ人の息遣いが感じられる自宅と違い、
完全なるヒトリノ夜


ということで、今晩はワインで一人晩酌と洒落込むことにした。
ヒトリノ夜


みんなでワイワイ飲む酒も大好きだが、
たまに一人でのんびり飲むのも悪くない。

満員御礼

本日、本当ならば指導主事全員でどっかの学校に訪問に行くのだが、今週はお休み。
なぜかって、お寺に行ってお祭りするから。

配属先の事務所が主催となって、なんだか偉いお坊様にありがた~いご説法を賜るとのこと。
前回も書いた通り、今月はウェサックなのでこのような場を設けたんだそうな。

教育事務所主催なもんで、管轄学校の有名どころ約20校(聞く人によって数違ったけど・・・)から生徒を招待ししたそうな。
集合時間につくと誰も居なかったのだが、しばらく待っていると来るわ来るわで

5000人!
ウェサックぷーじゃ

決して大きなお寺ではないだけに場所が足りず、写真の広場以外にも仏塔のしたあたりやら、お寺のお堂のなからやら、お坊様の姿が見えない建物の裏やら・・・
いたるところに収容されました。
収容率150%以上。いやはや満員御礼とはこのことですな。


今までも何度か偉いお坊様の説法を拝聴する機会があったのだが、いかんせん意味はわからない。
シンハラ語の仏教用語なんで難しすぎてよくわからん。
参列していた生徒も完璧にはわからんらしいが

ただ一つ言えることは、お坊様の説法にはユーモアのセンスが必要だということだ。
参列している拝聴者はしきりにクスクス、あるいはゲラゲラ笑っている。
時たま自分でも意味が取れる部分があるのだが、そこでも笑っている。
どうやら日本人とスリランカ人では笑いのツボが違うらしい。まったく笑う意味がわからん

それても、俺が時代遅れなのだろうか・・・

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ヒロノリ

Author:ヒロノリ
まさかのスリランカおかわり。
しかもネット環境がすごぶる悪いド田舎での活動とあいなりました。

帰国カウントダウン

再度の帰国まで

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

未分類 (20)
ブログ (15)
生活 (133)
活動 (40)
学校 (21)
遠征 (38)
週刊シリプラ (25)

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。